ネムノキ
0

ネムノキ

ネムノキ

2016/07/15

ネムノキ

奈良県吉野郡十津川村武蔵

ネムノキ

2015/08/21

奈良県吉野郡十津川村武蔵


ネムノキの由来は、2回偶数羽状複葉と呼ばれる羽片を構成する小葉が合わさる睡眠運動をすることに由来します。

羽片や小葉のつけ根のふくれた部分は葉枕と呼ばれ、この部分が葉を閉じる役割を担っています。

日が暮れて暗くなると、また夏の暑い時期になると葉が垂れ下がって、向かいあう小葉が閉じるように寄り添い、眠っているように見えます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です